障害年金の対象となる病気やケガ

障害年金は、ほぼすべての病気やケガが対象となり、その傷病が障害年金の等級に該当していることが必要です。

 

障害年金の対象となる主な傷病は以下の通りです。これらは一例ですので一覧にない場合でも、その障害の状態により対象になる場合があります。ぜひ一度お問い合わせください。

 

眼の障害

白内障、緑内障、ブドウ膜炎、眼球萎縮、 癒着性角膜白斑、網膜脈絡膜萎縮、網膜色素変性症、糖尿病性網膜症、網脈血管硬化症、網膜中心性静脈血栓症、視神経萎縮、先天性弱視、小眼球症、ベーチェット病、黄斑部変性症

耳の障害

メニエール病、感音声難聴、突発性難聴 、頭部外傷又は音響外傷による内耳障害 、薬物中毒による内耳障害、特発性両側性感音難聴、神経性難聴、混合性難聴、ストマイ難聴

鼻腔機能の障害

外傷性鼻科疾患

そしゃく・嚥下機能、言語機能の障害

咽頭摘出術後遺症、上下顎欠損、咽頭腫瘍、喉頭がん、脳血栓による言語障害

肢体の障害

上肢又は下肢の離断又は切断障害、上 肢又は下肢の外傷性運動障害、脳卒中、 脳軟化症、重症筋無力症、関節リウマチ、 ピュルガー病、脊髄損傷、進行性筋ジスト ロフィー、膠原病、多発性硬化症、小児麻痺、ポリオ、 ポストポリオ症候群、パーキンソン病、もやもや病、ギランバレー症候群、全身性エリマトーデス、ベーチェット病、ヤコブ病、骨髄異形性症候群、球脊髄性筋萎縮症、痙性対麻痺、先天性股関節脱臼 、脊髄小脳変性症、低酸素脳症、多発性硬化症、梨状筋症候群、脳性麻痺、糖尿病性壊死、線維筋痛症、脳脊髄液減少症(脳脊髄液漏出症)

精神の障害

うつ病、そううつ病、統合失調症、若年性認知症、器質性精神障害、知的障害、てんかん、精神発達遅滞、アス ペルガー症候群、広汎性発達障害、高次機能障害、若年性アルツハイマー、ダウン症候群、ヤコブ病、その他詳細不明の精神障害など

呼吸器の障害

肺結核、じん肺、気管支喘息、慢性気管支炎、膿胸、肺線維症 肺気腫など

心疾患による障害

弁膜症、心筋疾患、虚血性心疾患、難治性不整脈、大動脈疾患、先天性心疾患、重症心不全、冠状動脈硬化症、狭心症、大動脈弁狭窄症、心筋梗塞など

高血圧による障害

悪性高血圧、高血圧性心疾患、高血圧性腎疾患など

腎疾患による障害

慢性腎炎、ネフローゼ症候群、慢性腎不全、慢性糸球体腎炎など

肝疾患による障害

肝炎、肝硬変、肝癌、多発性肝膿瘍など

糖尿病による障害

糖尿病、糖尿病性と明示された全ての合併症

その他の疾患による障害

悪性貧血、再生不良性貧血、悪性新生物(がん) など