精神(こころ)の障害のご相談事例

傷病名:知的障害 障害年金:1級10号認定
知的障害で障害者手帳1級をお持ちの方でした。知的障害は先天性の障害とされるため初診を誕生時とする20歳前の障害として請求ができます。20歳時が認定日となり、その前後3ヶ月の診断書の提出が必要となります。ですが、知的障害をお持ちの方の多くは定期的に医療機関にかかっていません。この方も20歳前後3ヶ月の診断書の取得ができませんでしたが、幼少のころから20歳を経過し、現在も変わらず同様の知的障害の状態を証明することができました。
診断書記載の医師のご協力もありましたが、あきらめずに請求にこぎつけることが大切ですね。障害年金, 精神障害, 精神疾患, うつ病, 統合失調症

関連ページ

肢体の障害
肢体の障害での障害年金請求のご相談事例
悪性新生物(がん)
悪性新生物(がん)のお客様からのご相談事例