悪性新生物(がん)での障害年金請求のご相談事例

傷病名:肺がん 障害年金:3級14号認定
肺がんで、過去に手術を1回。放射線治療と抗がん剤治療のご経験がある方でした。長年会社勤務をされていらっしゃいましたが、がんの治療を始めてから休職していて、傷病手当金が切れるのとほぼ同時に障害年金の請求をすることができました。3級に認定され、今は会社を退職して療養なさっています。辛い症状の中、ひとりで請求するのは大変だったので依頼してよかったとおっしゃっていただけました。
「がんで障害年金をもらえるの?」と驚かれる方がとても多くいらっしゃいます。
障害年金は特定の傷病のみが対象になるわけではなく、障害状態に該当すればほぼすべての傷病が対象になるのです。障害年金, 悪性新生物, がん

関連ページ

肢体の障害
肢体の障害での障害年金請求のご相談事例
精神(こころ)の障害
精神疾患などでの障害年金請求のご相談事例