児童扶養手当と障害年金

「児童扶養手当法」の一部が改正されたことにより、障害年金など公的年金を受給する方でも児童扶養手当を受けることができるようになりました。この改正は平成26年12月から施行されています。

 

今回の改正で新たに手当を受け取れる対象となるのは次のような方とされています。
●お子さんを養育している祖父母等が低額の老齢年金を受給している
●父子家庭で、お子さんが定額の遺族厚生年金のみを受給している
●母子家庭で、離婚後に父が死亡し、お子さんが定額の遺族厚生年金のみを受給している

 

平成26年12月以降、子の加算がついた障害基礎年金を受給されている方は、改正により一律に子加算を優先して受け取ることになります。その上で子加算の額が、児童扶養手当の額を下回る場合には、その差額分の児童扶養手当を受け取れるようになりました。
図にすると以下のようになります。

 

児童扶養手当, 障害年金

 

 

新たに児童扶養手当を受給できる対象となる方は、お住まいの市区町村へ申請が必要です。

 

 

関連ページ

遷延性植物状態
遷延性植物状態の認定基準(平成26年4月改正)