精神の障害の認定基準

精神の障害は以下のような区分にわかれます。
●統合失調症、統合失調症型障害および妄想性障害
●気分(感情)障害
●症状性を含む器質性精神障害
●てんかん
●知的障害
●発達障害

 

このように区分、症状は多種多様です。精神の障害については具体的な日常生活上の困難を診断書や申立書に記すことがポイントとなり、その原因や経過も考慮されることが多いです。

統合失調症/気分(感情)障害

統合失調症、統合失調症型障害および妄想性障害、気分(感情)障害についての認定基準は次の通りです。

 

1級

1.統合失調症によるものにあっては、高度の残遺状態または高度の病状があるため高度の人格変化、思考障害、その他妄想・幻想等の異常体験が著明なため、常時の援助が必要なもの

 

2.気分(感情)障害によるものにあっては、高度の気分、意欲・行動の障害および高度の思考障害の病相気があり、かつ、これが持続したり、ひんぱんに繰り返したりするため、常時の介護が必要なもの

2級

1.統合失調症によるものにあっては、残遺状態または病状があるため高度の人格変化、思考障害、その他妄想・幻想等の異常体験が著明なため、日常生活が著しい制限を受けるもの

 

2.気分(感情)障害によるものにあっては、気分、意欲・行動の障害および思考障害の病相気があり、かつ、これが持続したりまたはひんぱんに繰り返したりするため、日常生活が著しい制限を受けるもの

3級

1.統合失調症によるものにあっては、残遺状態または病状があり人格変化の程度は著しくないが、思考障害、その他妄想・幻想等の異常体験があり、労働が制限を受けるもの

 

2.気分(感情)障害によるものにあっては、気分、意欲・行動の障害および思考障害の病相気があり、その病状は著しくないが、これが持続したりまたは繰り返し、労働が制限を受けるもの

関連ページ

眼の障害
障害年金の受給するためには傷病ごとの障害認定基準に該当していることが必要です。ここでは目の障害の障害認定基準についてご説明いたします。
聴覚・鼻腔機能・平衡機能の障害
障害年金の受給するためには傷病ごとの障害認定基準に該当していることが必要です。ここでは聴覚・鼻腔機能・平衡機能の障害の障害認定基準についてご説明いたします。
肢体の障害
肢体の障害の障害認定基準について説明いたします。