聴覚の障害の認定基準

聴覚の障害の認定基準は次の通りです。

 

1級

両耳の聴力レベルが100デシベル以上のもの

2級

両耳の聴力レベルが90デシベル以上のもの

 

身体の機能の障害が前各号と同程度以上と認められる状態であって、日常生活が著しい制限を受けるか、または日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの

3級

両耳の聴力が、40センチメートル以上では通常の話声を解することができない程度に減じたもの

障害手当金

一耳の聴力が、耳殻に接しなければ大声による話を解することができない程度に減じたもの

 

聴覚・鼻腔機能・平衡機能の障害認定基準

聴覚の障害の認定基準のポイント

 

・聴覚の障害の程度は、純音による聴力レベル値と語音による聴力検査値(語音明瞭度)によって認定されます。

 

・聴力レベルについてはオージオメータにより測定したものが使われます。

 

・上記認定基準の表中の2級に該当する内容「身体の機能の障害が前各号と同程度以上と認められる状態であって、日常生活が著しい制限を受けるか、または日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの」についての解釈は、両耳の平均純音聴力レベル値が80デシベル以上で、かつ、最良語音明瞭度が30%以下のものをいいます。

 

・3級に該当する内容「両耳の聴力が、40センチメートル以上では通常の話声を解することができない程度に減じたもの」については、次のいずれかに該当するものをいいます。
ア:両耳の平均純音聴力レベル値が70デシベル以上のもの
イ:両耳の平均純音聴力レベル値が50デシベル以上で、かつ、最良語音明瞭度が50%以下のもの

 

→このように最良語音明瞭度の数値により障害の認定がされる場合については、医師の診断書に正しく数値の記載をしてもらうことが大切です。最良語音明瞭度が未記入の診断書がときどき見られますので、診断書を受領した際には漏れがないかを確認するようにしてください。

 

請求の多い聴覚障害の例
感音性難聴、突発性難聴、混合性難聴、メニエール病 など

鼻腔機能の障害の認定基準

聴覚・鼻腔機能・平衡機能の障害認定基準

鼻腔機能の障害の認定基準のポイント

 

・鼻腔機能の障害が単独に障害の対象となることはほとんどありません。

 

・法令に定められた鼻腔機能の障害の認定基準には、障害手当金を支給される程度として「鼻腔を欠損し、その機能に著しい障害を有するもの」とあります。これは鼻軟骨部の全部または大部分を欠損し、かつ鼻呼吸に障害のあるものをいいます。

 

・嗅覚脱失は認定の対象とはなりませんのでご注意ください。

 

・聴力の測定結果は、過去3ケ月間において複数回の測定を行っている場合は、最良の値を示したものを記載します。

 

平衡機能の障害の認定基準

聴覚・鼻腔機能・平衡機能の障害認定基準

平衡機能の障害の認定基準のポイント

 

・平衡機能の障害は、その原因が内耳性のもの、脳性のものが含まれます。

 

・「平衡機能に著しい障害を有するもの」とは、次のようなものをいいます。
  四肢体幹に器質的異常がない場合に、閉眼で起立・立位保持が不能なもの
  開眼で直線を歩行中に10メートル以内に転倒あるいは著しくよろめいて
  歩行を中断せざるを得ないもの

そしゃく・嚥下機能の障害の認定基準

聴覚・鼻腔機能・平衡機能の障害認定基準

そしゃく・嚥下機能の障害の認定基準のポイント

 

そしゃく・嚥下機能の障害の程度は、摂取できる食物の内容や摂取方法により区分されます。
1.そしゃく・嚥下の機能を欠くもの
・流動食以外は摂取できないもの
・経口的に食物を摂取することができないもの
・経口的に食物を摂取することが極めて困難なもの
 (食餌が口からこぼれ出るため常に手や器物等でそれを防がなければならないもの、または1日の大半を食事に費やさなければならない程度のもの)

 

2.そしゃく・嚥下機能に相当程度の障害を残すもの
・経口摂取のみでは十分な栄養摂取ができないためにゾンデ栄養の併用が必要なもの
・全粥または軟菜以外は摂取で期待程度のもの

 

3.そしゃく・嚥下機能に障害を残すもの
・ある程度の常食は摂取できるが、そしゃく・嚥下が十分できないため、食事が制限される程度のもの

 

聴覚・鼻腔機能・平衡機能の障害認定基準

そしゃく機能の障害と嚥下機能の障害は、併合認定は行われません。

言語機能の障害の認定基準

聴覚・鼻腔機能・平衡機能の障害認定基準

言語機能の障害の認定基準のポイント

 

音声または言語機能の障害は、発言することができない語音および日常会話の状態によって認定されます。

 

1.音声または言語機能に著しい障害を有するもの
・音声または言語を喪失するか、または音声もしくは言語機能障害のため意思を伝達するために身振りや書字等の補助動作を必要とするもtの
・4種の語音のうち3種以上が発音不能または極めて不明瞭なため、日常会話が誰が聞いても理解できないもの
・咽頭全摘出手術を施したものについては、手術を施した結果、言語機能を喪失したもの

 

2.言語の機能に相当程度の障害を残すもの
・4種の語音のうち、2種が発音不能または極めて不明瞭なため日常会話が家族は理解できるが、他人は理解できない程度のもの

 

3.言語の機能に障害を残すもの
・4種の語音のうち、2種が発音不能または極めて不明瞭なため、電話による会話が家族は理解できるが、他人は理解できない程度のもの

 

※4種の語音とは
・口唇音 ― ま行音、ぱ行音、ば行音など
・歯音、歯茎音 ― さ行、た行、ら行など
・歯茎硬口蓋音 ― しゃ、ちゃ、じゃなど
・軟口蓋音 ― か行音、が行音など

 

聴覚・鼻腔機能・平衡機能の障害認定基準

言語機能の障害とそしゃく・嚥下機能の障害が併存する場合には併合認定されます。

関連ページ

眼の障害
障害年金の受給するためには傷病ごとの障害認定基準に該当していることが必要です。ここでは目の障害の障害認定基準についてご説明いたします。
肢体の障害
肢体の障害の障害認定基準について説明いたします。
精神の障害
障害年金の受給するためには傷病ごとの障害認定基準に該当していることが必要です。ここでは精神の障害の障害認定基準についてご説明いたします。