眼の障害の認定基準

眼の障害の認定基準は次の通りです。

 

1級

両眼の視力の和が0.04以下のもの

2級

両眼の視力の和が0.05以下のもの

 

身体の機能の障害が前各号と同程度以上と認められる状態であって、日常生活が著しい制限を受けるか、または日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度のもの

3級

両眼の視力が0.1以下に減じたもの

障害手当金

両眼の視力が0.6以下に減じたもの

 

一眼の視力が0.1以下に減じたもの

 

両眼のまぶたに著しい欠損を残すもの

 

両眼による視野が2分の1以上欠損したもの又は両眼の視野が10度以内のもの

 

両眼の調節機能及び幅輳(ふくそう)機能に著しい障害を残すもの

 

身体の機能に、労働が制限を受けるか、または労働に制限を加えることを必要とする程度の障害を残すもの

 

眼の障害の障害認定基準

眼の障害の認定基準のポイント

 

・眼の障害は、視力障害、視野障害またはその他の障害に区分されます。
→視力、視野などの検査値により障害の程度が評価されます。同時期に数回の検査を行っている場合には、診断書上で検査値に大きな差がないかどうかを慎重に確認する必要があります。適性な測定によって得られた数値を記載することが大切です。

 

・認定基準の表中の「両眼の視力の和」とは、それぞれの視力を別々に測定し合算したものをいいます。

 

・視力障害、視野障害、まぶたの欠損障害、調整機能障害、輻輳機能障害、まぶたの運動障害、眼球の運動障害または瞳孔の障害が併存する場合には、併合認定の取り扱いがされます。

 

関連ページ

聴覚・鼻腔機能・平衡機能の障害
障害年金の受給するためには傷病ごとの障害認定基準に該当していることが必要です。ここでは聴覚・鼻腔機能・平衡機能の障害の障害認定基準についてご説明いたします。
肢体の障害
肢体の障害の障害認定基準について説明いたします。
精神の障害
障害年金の受給するためには傷病ごとの障害認定基準に該当していることが必要です。ここでは精神の障害の障害認定基準についてご説明いたします。