障害年金の請求に必要な書類

受診状況等証明書
受診状況等証明書は障害年金の請求において重要な初診日の証明として初診の医療機関に書いていただくものです。
受診状況等証明書の書式をダウンロード

 

初診時の医療機関と現在治療を続けている医療機関が異なる場合に必要となります。初診時の証明はカルテを元に正しく記載していただくことが必要となります。通常医療機関でのカルテの保管は5年間のため、すでにカルテが廃棄されており証明書を取得できないこともあります。またすでに初診の医療機関が廃院になっているなどで証明書の取得が困難なこともあるでしょう。そんなときでもすぐに諦めずに専門家にご相談いただくことをお勧めいたします。

 

どうしても受診状況等証明書が取得できないときは「受診状況等証明書が添付できない申立書」を作成します。
受診状況等証明書が添付できない申立書の書式をダウンロード

 

 

診断書
初診日の証明ができる書類が整ったら次は診断書です。
この診断書により、障害の状態を確認されることになるので非常に重要な書類です。診断書は傷病ごとに書式が決められています。主な傷病ごとの診断書サンプルを以下の表からダウンロードすることができます。

 

様式第120号の1

眼の障害用

様式第120号の2

聴覚、鼻腔機能、平衡機能、そしゃく・嚥下機能・言語機能の障害用

様式第120号の3

肢体の障害用

様式第120号の4

精神の障害用

様式第120号の5

呼吸器疾患の障害用

様式第120号の6−1

循環器疾患の障害用(心臓、高血圧)

様式第120号の6−2

腎疾患、肝疾患、糖尿病の障害用

様式第120号の7

血液、造血器、その他の障害用

 

実際の診断書用紙は、年金事務所で入手します。ご自身で年金事務所へ相談に行かれる場合は、初診日が確定しないと診断書用紙をもらえないことがありますのでご注意ください。

 

●診断書を取得する病院とその時期
障害年金を受給するための診断書には、請求する方の状況によりいつの現症を記載したものが必要なのかを確認しなければなりません。次のことを留意していただき、医師にいつの現症を記載してもらうのかを確認したうえで診断書の依頼をすることが重要です。

 

1.傷病が治っていないとき・・・傷病が治っていない場合、障害認定日に障害の状態に該当していれば、障害認定日より3ヶ月以内の現症を記載した診断書を取得します。取得するのは障害認定日に受診していた病院です。
※障害認定日と年金請求日が1年以上離れている場合は、さらに直近の診断書(請求日前3ヶ月以内の現症のもの)を現在受診している病院で取得する必要があります。
これを認定日請求といいます。

 

2.障害認定日までに傷病が治ったとき・・・初診日から1年6ヶ月の障害認定日までに傷病が治った場合、または症状が固定した場合はその日が障害認定日となりますので、治った日(または症状固定した日)より3ヶ月以内の現症を記載した診断書を取得します。

 

3.事後重症請求をするとき・・・傷病は治っていないけれど、障害認定日に障害の状態に該当していなかった場合には、年金の請求日前3ヶ月以内の現症を記載したを、現在受診している病院で取得します。
これを事後重症請求といいます。

 

医師にお願いする書類の費用の目安は以下の通りです。

受診状況等証明書

3,000円〜5,000円

診断書(障害認定日)

5,000円〜15,000円
※障害認定日に障害の状態に該当する場合に取得

診断書(現在)

5,000円〜15,000円

 

障害年金, 必要書類, 受診状況等証明書, 診断書, 病歴・就労状況等申立書

医師の診断書の内容は障害の状態に該当しているかどうかを判断する重要なポイントとなります。ですが、担当医でも患者の日常生活までは把握していないため、障害の状態に該当するような日常生活状況を医師に理解してもらう必要があります。障害年金の診断書を書き慣れない医師の場合ですと診断書に正しく患者様の状態を記載してもらえない可能性もあるのです。診断書の取得費用や年金の請求に要する時間、手間などを考えると専門家に請求代行を依頼するメリットは大きいと考えます。

障害年金, 必要書類, 受診状況等証明書, 診断書, 病歴・就労状況等申立書

お客様の負担を少しでも軽減し、障害年金の受給への近道となるようご支援をさせていただいております。障害年金の請求でお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

病歴・就労状況等申立書
この申立書は、最初に医療機関を受診した経緯から現在までの流れを記述するものです。障害年金請求において最後の大仕事となります。

 

初診日の時点の受診状況等証明書や障害認定日時点の医師の診断書、そして現在の状況を記した診断書それぞれの時点の状況が記された資料の間の期間を補う役目をする書類です。この書類により点と点がつながりひとつの線となり、過去からの病状の流れを読み取ることができるようになるのです。ですからそのような役目をすることを頭に置き、具体的に記載していく必要があります。病歴が長いほど過去の状態を思い出しながら書かなければならず、体調のすぐれない請求者ご自身が作成するのはかなりの労力を要します。

 

当事務所に請求の代行をご依頼いただいたお客様に関しては、日常生活の状況を細かく聞取り、その内容を適正に盛り込みながら丁寧に作成いたしますのでご安心ください。
病歴・就労状況等申立書の書式をダウンロード